爪水虫の問題点

水虫の中でも、なかなか治りにくい物があります。
それが「爪水虫」。

普通の水虫は、市販の薬を根気よく塗り続けていけば、意外と簡単に完治できるものです。
ところが、爪水虫の場合、状況が変わってきます。
爪は皮膚と比べて硬く、普通の薬ではなかなか浸透しないため、治りにくいのです。
爪水虫の完治のためには、浸透力の高い特別な薬を用意する必要があります。

 

>>一番効くと評判の爪水虫薬はこれ!<<

 

爪水虫とは

爪水虫は、医学的には爪白癬(つめはくせん)と呼びます。
水虫の原因菌である白癬菌が、爪の下に住み着いてしまい、これが原因で爪にダメージが起こります。

主な症状としては、爪の色が黄色、あるいは褐色に変わったり、でこぼこや縦のしわが目立ってくるようになります。
こんな症状が出ても、痛くもかゆくもない、という場合が多いため、自分が爪水虫になっている、と気づかないことが多いのです。
それが進行していくと、爪の色がだんだんと白くにごっていき、爪そのものの厚みが増していきます。
爪の内部が空洞になることもあります。
これを放置してしまうと、爪が欠けやすくなって、最終的には爪が剥がれ落ちてしまう事もあるのです。

 

爪水虫の種類

爪水虫には、4つの種類があります。

 

遠位側縁爪甲下爪真菌症(DLSO)


爪水虫の90%がこの型といわれ、爪の先端部分や側縁部から白癬菌が入り込んで発症します。
爪の色が白や黄色っぽく濁ってきたり、厚みが出てくるなどの症状が現れます。

 

近位爪甲下爪真菌症(PSO)


爪の甘皮の部分から、爪の下に白癬菌が入り込んで発症します。
足の爪の場合、症例は非常に少ないです。
爪の根本が白っぽくなり、もろくなります。

 

表在性白色爪真菌症(SWO)


爪の表面に傷ができて、そこから爪の下に白癬菌が進入して発症します。
爪の表面に白い膜が現れます。
症例はとても少ないです。

 

全異栄養性爪真菌症(TDO)


上の3つ(DLSO、PSO、SWO)が進行してしまい、爪水虫の症状が爪の全体にまで広がったものです。
爪全体が変形してしまいます。

 

爪水虫の原因

足の爪をずっと伸ばしている場合、爪と皮膚の間に汚れがたまりやすくなります。
その汚れが爪水虫の原因になる白癬菌を増殖させます。
ただ、いきなり爪水虫になるケースは少なく、足の水虫が爪に感染して発症することが多いです。

 

使われる薬の種類

爪水虫の治療には、主に内服薬と外用薬が使われます。
内服薬は主に皮膚科などで処方されています。

 

皮膚科では爪水虫に対して「ラミシール」の内服薬が主に処方される

皮膚科で爪水虫の薬として主に処方されているのは「ラミシール」の内服薬です。
この「ラミシール」という薬には、水虫の原因となる「白癬菌」の増殖を抑えて、殺菌をする効果を持っています。
ラミシールには内服薬、外用薬などの種類がありますが、爪水虫に対しては内服薬が処方されています。

 

内服薬の場合、爪が完全に生え変わって、さらにその後もしばらくの間服用し続けないといけません。
また、場合によっては副作用もあります。
わずかですが肝機能に障害を起こす人もいます。
そのため、服用には細心の注意をする必要があります。

 

外用薬は、外側から薬を塗ることによって、爪水虫を治していきます。
内服薬のような副作用はなく、安心して使い続けることが可能です。
副作用があるのはラミシールの内服薬のほうです。ラミシールの外用薬には、内服薬のような副作用はありません。
ただ、ラミシールの外用薬だけでは、爪水虫のような進行してしまった水虫を治すのは難しいです。

 

どの外用薬が効果が高いのか

爪水虫用の塗り薬にはいくつかの種類があります。
外用薬を使って治療することが一般的なアメリカで主に販売されているもののなかで、最も評価が高いものがあります。
それは「クリアネイル」です。
ではなぜ、評判が良いのでしょうか。

 

有効成分が爪の下まで浸透!

爪というものは厚みがあって、薬の成分が浸透しにくいんです。
クリアネイルは浸透力がずば抜けて高く、その浸透力は特許も取得しています。

 

さらに、他の薬にはアルコールが含まれているせいで、深くまでとどく前に蒸発してしまいます。
クリアネイルはアルコールを含んでいません。
そのため、爪の奥深くまで十分に浸透して、成分が効果的に働くのです。

 

では、このクリアネイルは本当に効くのでしょうか?
実際に使用した人の喜びの声が、次に紹介するクリアネイル販売サイトに多数寄せられています。

 

喜びの声が多い、ということは、それだけ効いた人が多いのです。

 

さらに、クリアネイルを使った人が、その効果に驚き、喜びのあまり爪水虫の体験談サイトまで作られています。
それも、販売サイトで紹介されています。

>>クリアネイル販売サイトはこちら<<

 

安全性について

肝機能に問題を起こす可能性がある内服薬は、安全性に問題がある、という点は否定できません。
それと比べて、クリアネイルは爪に塗るだけですから、高い安全性があります。

 

では、どのくらい使い続けたら完治するのでしょうか。

 

これには個人差がありますが、足の爪の場合なら4ヶ月から6ヶ月程度かかることが多いようです。

 

完全に新しい爪に変われば完治したと言えますが、念のためにしばらくは塗り続けたほうが良いです。

 

ただ、爪水虫だけを治しても、また再発することがあります。
それは、爪以外の水虫が治っていないせいです。

 

足のすべての水虫を治しておかないと、その場所の水虫がまた爪に感染して、再発します。
爪水虫を治すと同時に、足の他の場所の水虫も全部治すことが必要になってきます。

 

爪水虫と水虫は、全く同じ菌である白癬菌が原因です。

 

爪水虫になっている人の9割以上は、最初から水虫になっています。
その菌が、爪と皮膚の間に入り込んで爪水虫となっているのです。

 

そのため、爪水虫を含むすべての足の水虫を同時に治さないと必ず再発します。

 

そこに注目して誕生したのが、足の水虫完全対策セットです。

このセットには、爪水虫はもちろん、足全体の水虫についても対策できるよう、考えられるすべてのものがセットになっています。

 

水虫、そして爪の水虫の原因となっているのは、「真菌」といわれるものです。
その「真菌」に対して強力な殺菌効果を持っている「ドクターズチョイス ファンガソープEX」という石鹸が、セットの中に含まれています。
この石鹸の主要成分であるティーツリーオイルを水虫などの症状がある患者に使ったところ、50人中49人に症状の改善が見られています。

 

まずは、この石鹸で足を洗って、水虫菌をやっつけましょう。

 

そして、足がきれいになった状態から、セットされている「ラミシール」という水虫薬を塗ります。
この薬は塗り続けることがとても大切です。
「ラミシール」は、皮膚の表面の水虫菌に対して殺菌する力を持っています。
ただ、水虫の菌は皮膚の深い場所にまで入り込むため、皮膚の新陳代謝が完了するといわれる、28日間、念のために1ヶ月以上は毎日塗り続けることが、水虫の完治のためには必要です。

 

よくなったから、と思って塗るのをやめてしまうと、皮膚の下でまだ生きている菌が水虫の症状を発生させることがあるため、絶えず薬が塗られている状態を保つようにします。

 

そして、爪水虫薬「クリアネイル」を爪の上に塗ります。
爪の内側にある水虫菌まで浸透して殺菌します。

 

最後に、「ドクターズチョイス チモールリキッド」を足の爪と指のあいだに浸透させます。

 

チモールとは、古くからスパイスとして使われてきたもので、最も抗菌力が高い、とされています。
この、強力な殺菌作用を持つチモールと、クリアネイルを使うことで、ダブルの効果で徹底的に爪水虫に働きかけます。

 

クリアネイルは足の爪の上から、そしてチモールは爪と指の間から、という具合に、2つを使うことで、より高い殺菌の効果が望めます。

 

これを、足の爪が完全に新しく生え変わるまで続けます。
途中でやめた場合、せっかく爪の水虫が完治しかけても台無しになってしまいます。

 

きちんと使えば、長年悩んできた爪水虫と完全にさよならできるでしょう。

 

単品で買うよりセットがお得!

それぞれを単品で買うと合計16380円ですが、このセットは14840円と、お買い得になっています。

 

この価格は、いつまで続くかわかりません。安い今のうちに、買っておくのがお得です。

 

>>足の水虫完全対策セットはこちらから<<

 

クリアネイルの類似品に注意

その効果の高さから、アメリカでは品薄状態が続いています。
あまりの人気に、類似品も出回っているほどです。
その類似品の特徴ですが、箱がなかったり、正規品であることを示すシールがないものだったりと様々です。

 

ここで紹介しているクリアネイルは、正規代理店から直接仕入れを行っていて、正規品の証であるシールが貼られています。

間違って類似品を買わないよう、正規品を取り扱っているこちらから購入してください。

 

 

爪水虫の症状

爪水虫と言うものは、水虫の中でもかなり進行してしまったものです。
悪化すると、歩くことさえ難しくなったりすることもあり、また他の人に感染するリスクもあるため、早めに完治させる必要があるのです。

 

次のページでは、爪水虫を放置しておくとどんなに恐ろしいことになるのか、解説しています。治さないと、自分自身だけではなく、周りの人にも迷惑をかけてしまうかもしれません。お読みになっていただくと、本当の怖さを知っていただけると思います。

次のページ→爪水虫を放置するのは本当に危険!