水虫の原因について

水虫になるのは男性が多いというイメージもありますが、女性でも水虫になる可能性があり、実際に多くの女性が水虫に悩んでいると言われています。

 

水虫にもいくつか種類があり、種類により症状も違います。
原因となるのは白癬菌というカビですが、白癬菌は手や体にも繁殖する可能性があります。
しかし殆どの場合は足の水虫に悩まされる事になります。
これは靴下やストッキングを履き、さらに靴を履く事も関係しています。

 

白癬菌は高温多湿の場所を好み繁殖していくため、足だけでなく靴の中でも繁殖してしまうのです。

 

お風呂に入り足を洗っても靴の中に白癬菌が繁殖していれば、靴の中の白癬菌を除去しない限り感染し続けるので、水虫も悪化していきます。
さらに厄介なのが、白癬菌は人から人に感染が広がる事です。
水虫の足でもスリッパを履いていればまだいいのですが、靴下のままや裸足で家の中を歩き回れば、知らずに同じ場所を歩いた時、知らない間に感染してしまいます。
もし白癬菌に感染しても、お風呂に入った時足を清潔に洗えば感染しても即水虫になるという事はありませんが、しっかり洗えていないと感染した人も水虫になってしまいます。

 

足の裏は意外と汗をかきやすい場所です。
仕事中は仕方ない部分もありますが、できるだけ湿気がこもらないようにする工夫も必要です。
水虫も正しい対処法をすれば治りますが、適当に対処しているとかえって悪化させる事があります。
市販薬でも正しく使えば完治できるものもありますし、完治してしまえば家族に感染させるリスクも軽減できます。

 

完治するまでは家の中でスリッパを履くようにして、常に足を清潔に保ちましょう。
湿気がこもらないように、できるだけ裸足で過ごすのもおすすめです。
お風呂場は水虫がうつりやすい場所です。
バスマットを共有しているような場合は、感染しやすいので可能ならバスマットも使い分け、使用したらその都度洗います。
床も常に拭き掃除をして、菌が付着したままにならないよう注意してください。

水虫に感染してしまったら

さて、もしも「水虫」に感染したらどうすればいいのでしょうか?
水虫は汚いとか不潔というイメージも強いので、自分が水虫になっていると自覚があってもなかなか病院に行けず、人にも相談できず悩みを抱え込んでしまいます。
水虫も皮膚病の一種ですから、治療しなければ症状は進行していきますし、進行するにつれてかゆみや炎症もひどくなっていきます。
水虫になった場合に主な自分で出来るセルフケア方法としては、効果的な市販薬を使う、というのがあります。今は市販薬でも効果的な物が増えていますので、セルフケアでもきちんと対処すれば完治は可能です。

 

病院に行き治療薬をもらっても、結局は自宅で薬をつけながらセルフケアをしますが、市販薬でも処方薬でも、正しく使用するのは大切な事です。
早く治したいからといって多めに使っても意味がありませんし、間違った使い方はかえって症状を悪化させる事につながります。
治療薬は用量や回数をきちんと守って使いましょう。
薬を使った治療もポイントになりますが、他にも足を清潔に保つ事が大切です。

 

どんなに効果のある薬を使っていても、足が不衛生な状態のままだと意味がありません。
足は常に清潔にするよう心がけ、靴下やストッキングは1度使ったら洗いましょう。
靴も毎日同じ物を履かずに、何足か用意してローテーションします。
靴の中は水虫の原因となる白癬菌が繁殖しやすい状態となるので、一度履いたらすぐに除菌スプレーで除菌をし、中を乾燥させておきます。

 

素材にもよりますが、梅雨の時期や雪が降る地域の場合は、どうしても靴が湿りやすいので特に注意しましょう。
足の裏は意外と汗をかくので、夏など暑い季節も靴の中の管理は怠らず徹底します。
家の中を裸足や靴下のままで歩くと、家族にも感染を広げますので、必ずスリッパを履き、スリッパもその都度除菌しておきましょう。
水虫はきちんと治療すれば完治しますが、再発しやすく身近な人に感染させたり、感染させられたりしますので、感染を広げない工夫も重要です。