爪白癬(爪水虫)の場合の正しい爪の切り方

ここでは、爪白癬(爪水虫)になってしまったときの、正しい爪の切り方についてご紹介します。

 

ちなみに、爪白癬とは爪水虫の別の呼び方で、同じものです。

 

普通の爪とは切り方が違う

健康な爪と爪白癬の爪とでは、切り方を変える必要があります。

 

なぜなら、爪白癬の爪はもろかったり、厚くなっていたりと、普通の爪切りではうまく切れないことが多いからです。
そのため、ニッパーや爪やすりを使うのが一般的です。
ニッパーを使う場合、細かい所もかなり慎重に切ることができます。
ただ、少しずつ、爪を切っていくのですが、少し力が入っただけでも爪が割れることがあります。

 

また、爪やすりを使う場合、かための物を使うと爪がはがれ落ちてしまいやすいため、「エメリーボード」と呼ばれる、やわらかいタイプの爪やすりがオススメです。

 

どちらを使う場合でも、一回で切り終えたり削り終えることは難しいです。
また、入浴後の爪が柔らかくなっているときに切ったり削ったりするのがいいです。

 

切るときの注意

切ったり削ったりした爪のかけらにも、もちろん白癬菌は生きていて、それが感染源になったりします。

 

そのため、爪を切るときには、下に新聞紙などを敷いて、爪が飛び散らないようにすることが大事です。

 

さらに、ほかの人に感染させないためにも、自分専用の爪やすり、あるいはニッパーを使うようにします。
もちろん、爪の削りかすや切りかすはキチンと始末しましょう。
そして、爪を切った後はすぐ手を洗ってください。

 

>>最初の記事に戻る