爪水虫を予防するには

爪水虫に感染しないようにするためには、基本的に水虫の予防と同じ方法をとります。
なぜなら、爪水虫と水虫は同じ「白癬菌」というカビが原因だからです。
いきなり爪水虫になることはなくて、足の指や、足のほかの場所にできた水虫が少しずつ、爪に感染していきます。

 

だから、まずは水虫に感染しないようにすることが必要です。

 

水虫の予防法

水虫の感染経路のほとんどが、家族の間で起きています。
家族のだれかが水虫で、新陳代謝によって足の角質がはがれた時には、そこには白癬菌も存在しています。スリッパやお風呂のマットなどに白癬菌がいる角質が落ちて、それが他の人の足に付着して感染することが多いです。
水虫になる人のほとんどが、家族からうつされています。
ただ、動物から移ることもあって、飼っているペットから感染する場合もあります。

 

白癬菌はどこにでもいる

この「白癬菌」は、どこにでも存在している菌です。
ただ、白癬菌がついてしまったらすぐに水虫になるわけではありません。
ある決まった時間、高温多湿の状態が続いたとき、水虫は発症します。

 

どうやって水虫を予防する?

では、どうすれば水虫にならないように出来るのでしょうか。
水虫の感染を防ぐためには、清潔にすること、そして乾燥することを基本的に行っていれば防ぐことができます。
床をこまめに掃除して、お風呂では石けんで足の指の間もきちんと丁寧に洗うこと、それからお風呂からあがったらしっかりと拭くことが大切です。
このほかに、水虫を予防する方法を紹介します。

 

外から帰ったら足を丁寧に洗う

靴を長時間はいていると、足は汚れたり、蒸れていたりします。
家に着いたら、ストッキングや靴下を脱ぎましょう。そして綺麗に足を洗います。足の裏はもちろん、指の間も丁寧に洗いましょう。それから清潔な乾いたタオルできちんと拭きます。

 

 

同じ靴を続けてはかない

一日履いていた靴の中は高温多湿の環境になっていて、白癬菌にとってはとても居心地が良い場所です。
そのため、かなりの白癬菌が存在していると考えてよいでしょう。
また、一日履いたら、靴の中には湿気がいっぱい。だから、次の日には違う靴を履いて、休ませるようにします。

 

掃除機はこまめにかける

水虫の人が歩いた後の場所には、その足から落ちた白癬菌がちらばっている、と考えてよいです。
ただ、これは掃除機をかけることによって除去できるものです。この掃除機による効果はかなり大きいので、ぜひ実際に行ってみてください。

 

さて、このような予防を徹底していても、爪水虫が移ってしまうこともあるんです。
それは、意外にも「爪水虫の人が爪を切る」時。
普通の爪の切り方では、うまく切れない上に、切り方を間違うと感染の原因にもなるんです。
このような事にならないためにも、次のページの「爪水虫の爪の切り方」を必ず読んでおいてください。

 

次のページ→爪水虫(爪白癬)の爪の切り方